FC2ブログ

Entries

2008.10.04 カンパチ =>エギングのリレー釣り

15:00 河口で上潮に導かれて来る根際にいるカンパチ狙い
NTR川河口右岸に出撃。
   根際をワームで叩いてみたが何も出ない。
   でもお隣さんにイナダがかかったので
   上潮にのって青物が回遊しているのは
   確かだがカンパチの姿は確認できず。

17:00 仙台湾にも生息するアオリゲーム
   たまに某雑誌等で紹介されている
   先日ブログでも釣れて画像をみたので
   近くの釣具店でエギを購入
   現地に向かってみた。
   エギングは初体験であったが見よう見真似で
   やってみた。
   結局日没で終了したがエギの号数について
   考慮する必要ありか?
スポンサーサイト



2008.10.05 今日もリレー釣行

前日早く就寝し、本日も2本勝負と決めた。

24:01 目覚ましで起床、短めの睡眠だったが
   グダグダしながら出動。
02:00 NNKT側河口右岸に到着。
   でも今日は駐車場で急にテレビのノイズが入るなど
   ちょっと・・・・きちゃったかなと感じ。
   でも「そんなの関係ねぇ」的に強行突破!
   良かった無事ミステリーゾーン通過。
   一人ぼっちのサーフでキャスト開始。
03:00 潮は下げ潮、干潮。
   河口はシャッローとなったのでトップ下ミノー系でキャスト。
   まもなく今シーズン初の本気印のヒット。
   45cmのシーバス。川から降りてきたのかな。



04:00 潮は今度は上潮にかわり、河川内に向けてのキャストに
   変わる。そしてシャロー系ミノーにヒットしてきたのは
   ヒラメ 40cm。
   きっと上潮に入ってくるベイトを待ち伏せしていたのであろう。




05:00 夜が明けてきて更に上潮がきいて河口の浅場も
   いつも使っている使用しているミノーが使えるような状態。
   またも足元でヒット!50センチ弱のシーバス。




※正直シーバス2ヒットは今年は初めてだったので
 うれしい。

7:00 河口を終了して予定通り、今度は青物狙いで堤防へ
   今日も釣り人いっぱい出てますね。




堤防の中頃に場所を確保してキャスト開始。
だが周りはサバ以外は釣れていない。
結局、サバ狙いに切替えてサビキ+ジグで
キャスト。
魚が回遊してきたのか、一気に複数バイト
3匹のサバがあがってきました。
ゲットした魚を即効で「サバ折」、バケツで血抜き。
そのごヒンヤリのクーラーボックスへ
今夜は「サバの味噌煮」決定。

この堤防では11時までキャスト
追加魚のなく終了。



2008.10.12 NNKT川河口

04:00 NNKT川河口左岸下潮狙いで河口に群がる
    ベイトを待ち受けるシーバスを狙うをテーマに
    釣行開始。
05:17 河口一帯をミノーをロングキャストして探った結果
    やっと1匹ゲット。





しかし、その後続かず、ド干潮のサーフに立ち込んだ今回の
釣行は終了。
今朝の日の出が綺麗だったのでサービスショット。










この後、MNM防波堤でサバ釣り(撒きえさ&サビキ)を午前中まで
楽しみました。

2008.10.13 NNKT川河口 上潮でスイッチが入る魚をキャッチ

ちょっと時間が出来たので行ってきたよ!

20:00 河口で上潮にのって上がってくる魚を迎撃。

シャロー系ミノーをキャスト。
バイトあるものらず!くやしい思いをし数時間経過。

23:00 やっとヒットするも魚の方向転換をしたとたん
   フックアウト。想像ではシーバス40cm程度。
23:10 もっと細身のルアーにチェンジ。
   2,3投目でヒット!
   釣れたのはヒラメ20cmでした。
   小さいですが(もちろんリリース)。




23:30 明日からの仕事を心配して撤収。

2008.10.13 アウトレットモール仙台新港に行ってきました!

9月にグランドオープンした。
仙台新港のアウトレットモールに
家族で出かけました。
3回目かな。

特に事件でもないが
その時撮った映像をアップします。

実は10月末にオープンする
泉のアウトレットも期待しています!!













夜になると人も若干減るので狙い目かも!

Appendix

天気予報 宮城

潮汐表 宮城・仙台

宮城県-仙台
提供:釣り情報フィッシングラボ

沿岸波浪

QRコード

QRコード

Extra

ヒラメからのおしらせ


カレンダー

<< 10
2008
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント